世界最強の木材『ウリン』で作るウッドデッキ専門店

 









グレイトフルウッド
Grateful Woodは、「都会に暮らす多くの人たちに少しでも自然や木々を身近に感じてほしい」、そんな気持ちから生まれました。
私たちは、風や木、自然に対する気持ちを大切にしながらウッドデッキの販売や、施工を通じて、豊かなくらしを提案していきたいと思います。

 東京都町田市小山町532-1  TEL 042-860-2015 FAX 042-797-3856 E-mail grateful-wood@trad.ocn.ne.jp









ウリン材の解説
 学名: Eusideoxylon zwargeri
 ウリン(Ulin:インドネシア)
 ビリアン(Bilian,Belian:マレーシア)
 クスノキ科。常緑広葉樹
 生産地: ボルネオ島、スマトラ島
 密度0.96〜1.04g/m3
 曲げヤング係数: 18.5kN/mm2
 圧縮強度: 90N/mmm2
 引っ張り強度: 250N/mm2
 せん断強度(接線方向): 18.0N/mm2
 (半径方向): 23.0N/mm2
 (「木材工業ハンドブック」より
卓越した耐久性
eusiderinという含有物質により非常に高い耐朽性・耐虫害性を有するウリンは、現地では「100年耐える木」と言われ、桟橋の杭や港湾施設、防舷緩衝材、橋梁や屋根等、構造物の要所に 活用されてきました。第二次大戦中には、鉄の代替品として歯車に使用されており、また、港湾改修工事において固定ボルトが腐食していたにもかかわらず、防舷緩衝材として使用されてきたウリン材は再利用に十分耐えうる状態であったなど、「アイアンウッド」と呼ばれる所以となった数々の逸話が存在します。
エクステリアに最適なハードウッド
エクステリア、 ウッドデッキ として使用される他のハードウッドで顕著にみられるような、反りやねじれ、干割れ、ささくれが比較的少なく、また、木理通直で、且つ石灰質が少ないため、高比重にもかかわらず加工は比較的容易です。製材直後、 ウッドデッキ として施工直後は黄褐色、その後、主に紫外線や降雨の影響により深みのある濃暗褐色となり、半年から1年程度で天然木材固有のシルバーグレー色に落ち着きます。高い耐久性を有するウリンは、定期的な保護塗料の塗布によって耐朽性を維持するというメンテナンスの必要がないため、手間をかけずに自然な色あいの変化を楽しむことが出来る事がウッドデッキ の材料として人気です。


ご自分で作られる方へ


ご自分で作られる場合は、当社で材料販売もさせて頂きます。また製作指導もさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。ご連絡を頂けましたら別途、お見積もりをさせて頂きます。

▲ 展示コーナー >>>  ぜひ、展示コーナーにて現物をご覧ください。
(不在の場合がございますので、お手数ですか゛ご連絡を頂いた上でのご来場お待ち致しております。)

 JAPAN DIY HOMECENTER SHOW!!
2011年2012年

 紹介された雑誌

私が造る家

DIY素材百科 2004.9

駱駝 2008.10

パコマ 2009.10

ドゥーパ 


アニファ 2008.6

気楽にチャレンジ 2009.12


パコマ




>>> 清川村蕎麦倶楽部の案内 <<<
清川村蕎麦倶楽部は蕎麦の種を植えて蕎麦打ちまでを自分達で楽しもうと言う倶楽部で、年間通して色々な野菜を作り、広い年代層の交流を図り青空の下で野外料理を楽しんでおります。作業日には、燻製器に火をいれる事が出来ますのでお昼には出来上がりみんなで楽しめます。燻製の仕込み指導は定期的に先生の指導が受けることができます。
 清川村蕎麦倶楽部 所在地/神奈川県愛甲郡清川村煤が谷2129-1 清流村役場前

お問合せは当社(グレイトフルウッド)までお願いします。
写真紹介
>>> オロンド木好クラブの案内 <<<
木の好きな会員同士の集まりテーブル、椅子などを作る会です。自分流のものをつくりませんか。
心豊かにして長い人生を楽しく生活しようではありませんか。
週末のひとときを楽しく過ごしましょう。
オロンド木好クラブ所在地/神奈川県愛甲郡清川村 

お問合せは当社(グレイトフルウッド)までお願いします。
>>> スケルトンハウスの案内 <<<
工房 石川 にてスケルトンハウスの施工を致します。
内装、外装は、お客様のご用望に合わせて組み合わせ・・・

お問合せは、工房 いしかわ までお願いします。

ブログ 居心地 (DIY好きの居心地スタッフが贈るセルフリノベーションの数々&日記)
DIYアドバイザー神奈川 (DIYの普及活動を推進することにより社会に貢献)